ブラジル セラード 手摘み完熟豆 【深煎】

HOME > ブラジル
HOME > 焙煎度で探す > 深煎

ブラジル セラード 手摘み完熟豆 【深煎】
ブラジル セラード 手摘み完熟豆 【深煎】ブラジル セラード 手摘み完熟豆 【深煎】
セラード・手摘み完熟豆はセラード高原の中心地標高1,000mの高地で栽培され収穫されます。生産農場は徹底した近代農業技術の下で管理され、灌漑と乾燥設備、そして水洗精選方も完備しています。FUNDACCER(セラードコーヒー研究所)の指導の下、一貫した栽培育成システムで管理され、どの農園で収穫しても80点以上のスペシャルティーグレードである事が条件で日本に向けて出荷されます。 品種はムンドノーボ アカイヤ種とカツアイアマレーロ種に限定、完熟豆を手摘みし、さらに電子選別機にかけて未熟豆を取り除きます。弊社のグループ生産者の農園は機械化が進んでおりますが、木を植えて初収穫から2回目〜3回目までは木が弱いので機械収穫ができません。その為、毎年農園内の10%〜15%は手摘み収穫が必要となります。 乾燥方法は従来の大量生産型のコンクリート乾燥法と違い、Win'dry(風干し)を採用し、じっくりと天日にかけて乾燥させています。従来の乾燥方法と違い網棚にのせ風力により低温均一乾燥を実現させました。 Win'dry(風干し)の様な手間の掛かる少量生産型はブラジルコーヒー生産300年の歴史に反するものであり、生産者の意識改革を行うべく20年の歳月を掛けて(株)セラード珈琲の現地日系人社員が辛抱強く説得し安定供給ができるまでに育てあげました。スペシャルティコーヒーは品種・標高・収穫・乾燥・情熱、そしてその大地の地力の条件が全て揃い初めて出来るのです 何と言っても豊かなフレーバーと甘味が特長です。手摘み完熟豆の基本はWin'dryです。 乾燥工程における化学的に起こるダメージなどの心配が少なく、また低温で乾燥を行うことによりフレーバーが豊かなコーヒーが出来るとのデータが多く出ております。セラードエリアで毎年行われるコンテストでも精製工程を調べるとWin'dryされたコーヒーが入賞する確立が非常に高くなっております。
  • ウォータードリップ、エスプレッソ、金属フィルター向き。

  • ペーパードリップ、ネルドリップ、サイフォン、コーヒーメーカー向き。

  • パーコレーター、ネルドリップ、コーヒーメーカー向き。

※豆を挽いた状態では短期間でコーヒー豆の風味や香りが抜けてしまうため、
「豆のまま」でご注文いただくことをおすすめいたします。

ブラジル セラード 手摘み完熟豆 【深煎】

ブラジル セラード 手摘み完熟豆 【深煎】

商品番号 S08_3
価格 600円(税込)
容量
挽き方
数量

オプションの価格詳細はコチラ

Page Top